銀行に口座を作る。

銀行口座を持っていなくても証券口座入金することは出来ますが、複数の証券口座を利用する場合や取引の利便性を考慮すると銀行口座は必須だと思います。ここでは銀行口座の選び方などを紹介しています。

スポンサードリンク

銀行口座は誰もが持っている。

銀行口座は証券口座と違い多くの人が持っています。生活の中で無くてはならない存在かと思います。給与や年金の受領、助成金の受け取りなど第3者とお金をやり取りするためのツールとして絶対的立場にあります。

近年では、カード決済や電子マネーの普及により現金の取引をする場面が減ってきているかと思います。 そのカードや電子マネーも銀行口座からの引落しを利用することもできます。

投資資金の管理は銀行口座を中心に考える。

投資において、銀行口座を中心に資金管理をすることが非常に重要です。 証券会社によっては銀行のATMと提携し、銀行口座を通さず直接入出金できるサービスを提供しているところもあります。 しかし、複数の証券口座や様々な投資商品を利用しポートフォリオを組む場合、どうしても銀行口座を中心に資金を管理することが大切になってきます。 さて、銀行においても証券会社と同様に大手、中堅、ネット専業と大きく分類することができます。 そして、現在の主流はやはり、インターネットでの取引です。

銀行口座開設チェックポイント

①保有している証券会社のクイック入金に対応しているか

②証券会社と銀行が同じグループ企業かどうか

③振込・預入・引出等の必須サービスの手数料はどうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク